基礎化粧品

20代におすすめ!肌に良いリキッドファンデーションランキング

20代のリキッドファンデーション

10代に比べ、肌質が一気に変わる20代。メイクのベースとなるリキッドファンデーションを見直すだけでも印象が大きく変わります。この記事では、見た目の印象だけでなく肌ケアの観点から20代におすすめのリキッドファンデーションを厳選。

本物の実力を持ったリキッドファンデーションだけを紹介しています。ぜひ参考にしてくださいね。

1.リキッドファンデーションの選び方

まず、自分の肌質に合っているかが重要です。リキッドファンデーションが向いているのは、乾燥肌から普通肌の方。脂性肌の方は、テカリや化粧崩れの可能性が高くなるため、あまり向いていません。ただし、オイルフリーのリキッドファンデーションなら、脂性肌の方でも使用できます。

色味については、色黒の方ほど少しでも明るく見せようと、自分の肌色よりもトーン上げて選びがちですが、これはNG。肌の色とあまりにもかけ離れていると、白浮きして不自然になります。首の色に合わせるのが基本ですが、必ずしも上手くいくとは限りません。

色味はいくつか試すしか方法が無いのですが、 迷ったら少し暗い色を選ぶと上手くいきやすいです。

2.20代におすすめのリキッドファンデーション

1位 リソウ・リペアリキッドファンデーション

リソウ・リペアリキッドファンデーション

■価格:1900円(50日トライアル)

リソウ・リペアリキッドファンデーションは100%天然由来の美容成分から作られています。石油系の原料はもちろん、香料や着色料も不使用。肌に優しく敏感肌でも安心です。30~40代向けのリキッドファンデーションですが、20代から使うと後々美肌をキープできますよ。

仕上がりはナチュラルで、すっぴん肌に近いです。厚塗り感を出さずに、ナチュラルメイクが完成します。シミ、しわ、毛穴に対するカバー力も高く化粧崩れがしにくいのも嬉しいポイントです。

口コミ

  • 薄付きで付け心地がナチュラルなので気に入っています。敏感肌ですが肌荒れしませんでした。
  • ファンデの伸びが良く、付けた後の突っ張り感がありません。潤いもありますし使い心地が良いです。

2位 エトヴォス シアーミネラルリキッド

エトヴォス シアーミネラルリキッド

■価格:1800円(トライアル)

乾燥肌におすすめしたいのがエトヴォス シアーミネラルリキッドです。化粧を落としても潤いが続くほどで、朝付ければ夕方まで潤いをキープします。リキッドタイプのミネラルファンデーションなので使用後の皮膚はしっとり。下地+日焼け止めの効果もあり、ベースメイクはコレ一本でOKです。

使用感は肌なじみ・伸びが良いです。くすみ、シミをカバーして透明感が出ます。メイクオフは石鹸だけでOK。メイク落とし不要で綺麗に落とすことができますよ。

口コミ

  • 化粧も崩れにくくて肌なじみが良いです。ナチュラルメイクが好きなので、薄付きの感じが好きです。
  • 自然な仕上がりですが、毛穴はカバーされています。くすみもなく、ツヤ肌を手に入れることが出来ました。
  • 洗顔でメイク落としできました。メイクを落とした後の肌もしっとりしていて潤いが続いています。

3位 ヴァーチェ ミネラルリキッド

ヴァーチェ ミネラルリキッド

■価格:2948円(全額保証あり)

シワや毛穴が目立ってきた20代後半女子におすすめしたいのがヴァーチェ ミネラルリキッドファンデーションです。カバー力が非常に高く、シミ、クマ、肌荒れをしっかり隠してくれます。81.6%が美容成分(セラミド、ヒアルロン酸など)なのでスキンケア効果も抜群。

メイクをしながらエイジングケアができます。付け心地はカバー力が高いわりに軽いです。薄付きでも、自然なメイクに仕上がります。

口コミ

  • 付け心地がよく厚塗り感はないのに、シミやそばかすが目立たなくなりました。
  • よく伸びるのでコスパが良いです。化粧落としは洗顔だけで楽にできます。
  • 薄付きでもナチュラルなに仕上がるので満足しています。

4位 シルキーモイストファンデーション

シルキーモイストファンデーション

■価格:4500円(4ヶ月分、全額返金保証あり)

時間がない方やメイクが面倒な方はオールインワンゲルのシルキーモイストファンデーションがおすすめ。ファンデーション、コントロールカラー、化粧下地、美容液、乳液、日焼け止め、クリームを1本でまかない、60秒でナチュラル肌が完成します。

色味はピンクとラベンダーの2色のパールを配合。シミ、毛穴が目立ちません。また、肌の凸凹があっても均一に付くため崩れにくいです。その他、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド、スクワラン、コエンザイムQ10、スイスオーガニックなど14種類の保湿成分が入っています。

口コミ

  • ワンプッシュで充分に伸びるのでコスパに満足しています。肌荒れも起こしていません。
  • ファンデーションを塗っている重たさが無いので気に入っています。潤いが続くので、乾燥肌の私には向いています。

5位 マキアレイベル・薬用クリアエステヴェール

マキアレイベル・クリアエステヴェール

■価格:3990円(ハーフサイズ、ベースメイクセットあり)

アンチエイジングが気になりだす20代後半女子には、マキアレイベル・薬用クリアエステヴェールがおすすめです。プラセンタ配合でシミ、しわの予防が可能。目立ち始めてきた毛穴もしっかりカバーしてくれます。

プラセンタ以外にも、4種類のコラーゲンと3種類のヒアルロン酸を配合。1日中潤いが続きます。また、SPF35、PA+++日焼け止めでシミの発生を抑制。美白効果もあります。さらに、高評価なのが化粧崩れしにくいこと。大きさの違う微粒子パウダーと、平版パウダーが毛穴に入り込み肌を滑らかに整えてくれます。

口コミ

  • サラサラとしたテクスチャーでカバー力に不安がありましたが、いざ使ってみるとシミ群もほぼカバーしてくれました。
  • 保湿力が高いのにベタつかないのが高ポイントです。ファンデーションというより美容液を塗っているような感覚です。

3.リキッドファンデーションに関するQ&A

Q1.リキッドファンデーションは肌に悪いの?

結論から言うと、リキッドタイプもパウダータイプもファンデーションは毛穴を塞ぐため肌に良くはありません。毛穴を塞ぐと、炎症が起こりニキビや肌荒れの原因となります。リキッドタイプはその性質上、毛穴の奥まで入り込むため丁寧にクレンジングしないと塗ったリキッドが取りきれません。

とは言え、クレンジングでごしごし擦りすぎるのもNGです。結果として、パウダーファンデーションの方が肌に負担をかけないのが現状です。ただし最近では、この記事でご紹介したようなスキンケアができるリキッドファンデーションも発売されています。一概にリキッドファンデーションは肌に悪いと決め付けない方がいいでしょう。

Q2.リキッドタイプとパウダータイプはどちらの方が肌は綺麗に見える?

リキッドタイプとパウダータイプのファンデーションはどちらの方が、肌は綺麗に見えるのでしょうか。好みの問題もありますが、結論から言うとリキッドファンデーションの方が仕上がりは綺麗です。リキッドファンデーションは毛穴や凹凸部分の隙間に入り込むため、肌表面が滑らかになり、ぴったり密着することで美しく見えます。

また、パウダーファンデーションに比べるとカバー力が高くツヤ感もあるため肌を綺麗に見せてくれます。リキッドファンデーションは塗り方が難しいイメージがありますが、実はスポンジやブラシを使えば簡単にムラのない仕上がりにできます。肌を綺麗に見せるならリキッドファンデーションがおすすめです。

カバー力もリキッドファンデーションの方が上

リキッドファンデーションは液体タイプなので肌の状態に関わらず、するすると伸びていきます。パウダーファンデーションは肌が乾燥していると、粉をふいたような状態になりますが、リキッドファンデーションはしっかりとカバーしてくれます。

粉で毛穴を隠すパウダータイプと違い、リキッドタイプは皮膚の隙間までしっかりフィット。肌の密着度が高いので、カバー力が大きいのです。ただし、カバー力が高いということは、それだけ毛穴を塞いでいるためメイクオフのケアは皮膚を傷めないためにも重要となります。

Q3.リキッドファンデーションのデメリットとは?

まずデメリットなのがメイクに時間がかかることです。リキッドファンデーションを綺麗に塗るには、ある程度テクニックが必要で失敗するとムラになったり厚塗りになったりします。忙しい朝には向いていません。

その他、乾燥肌の方はテカリやすい、持ち歩きが面倒なので化粧直ししにくいといったデメリットがあります。いくつかデメリットのあるリキッドファンデーションですが、

  • 肌色に近い色に調整できる
  • 密着度が高いため仕上がりが綺麗
  • 肌が乾燥しにくい
  • ナチュラルな仕上がりを作れる

などのメリットもあります。メイクに手間がかかる分、得られる効果も大きいです。

4.終わりに 20代から肌ケアを意識しよう

この記事では、肌ケアの観点からおすすめのリキッドファンデーションを厳選してきました。20代の肌はターンオーバーが整っているため元気です。しかし、ここで手を抜くと年齢を重ねたとき後悔することに。

特に、20代の肌トラブルはメイクが原因のケースが多いです。メイクは化粧品でしっかり落とすこと。そして、肌に刺激を与えない化粧品を日頃から使いたいものです。化粧水や美容液は保湿効果を重視して選んで下さい。肌が本来持つバリア機能を補ってあげることが大切です。

肌にとって大敵なストレスも、日頃から解消するのを忘れずに。そして何より、毎日使うリキッドファンデーションはこだわりを持って選びぬきましょう。

RELATED POST