美容サプリ

美肌に必要な睡眠時間はどれくらい?睡眠の質を上げる方法も解説

美肌と睡眠

美肌を目指すなら絶対にこだわりたいのが睡眠です。どんなに化粧品に気を使っても、睡眠の質が悪いと、分かりやすく肌の状態に表れます。

この記事では、美肌に必要な睡眠時間や睡眠の質を上げる方法を解説していきます。肌を綺麗に保ちたい方は、ぜひ参考にして下さいね。

1.美肌に必要な睡眠時間とは?

まずは、美肌と睡眠時間の関係性について詳しく見ていきましょう。

1-1.睡眠時間は美肌と関係ない

実は、睡眠の長さと美肌効果には相関関係がありません。なんとなく、長く眠ると肌に良いような気がしますが、科学的な根拠は見つかっていないのが現状です。むしろ、睡眠中のほうが肌に悪影響かもしれないとの説もあります。テレビで見かける女優さんも、睡眠時間が短いにも関わらず綺麗ですよね。

ですので、睡眠時間は美肌ではなく自身の健康が損なわれない時間で調整してください。睡眠時間は一般的に7時間がいいと言われていますが、8時間必要な人もいれば5時間で済む人もいます。美容との関連性はほとんど無いのであまり気にしなくて大丈夫です。

1-2.睡眠不足でも美肌になれる

先述した通り、睡眠と美肌には関係性が見つかっていないのが現状です。そのため、睡眠不足の方でも肌を綺麗にすることは十分に可能です。大事なのは、睡眠時間ではなく睡眠の質です。睡眠の質が良ければ、最低3時間の睡眠時間が取れれば肌は綺麗になります。

睡眠の質が悪いと睡眠時間が長くても肌は汚くなる

逆に、睡眠時間がしっかり取れているけど、睡眠の質が悪い方は要注意です。眠りが浅いなど、睡眠の質が悪いと吹き出物や目の下のクマが表れます。これはターンオーバーが上手くいっていない証拠です。肌の新陳代謝を促すターンオーバーは28日周期ですが、睡眠の質が悪いと周期の時期がズレてしまいます。

また、睡眠の質を上げないと美容だけでなく疲れが抜けないなど健康面の悪影響も引き起こします。

1-3.就寝3時間の睡眠の質が重要

実は、寝付きが悪くてもそこまで大きな問題ありません。大切なのは、就寝してから3時間後の状態です。就寝3時間後は、成長ホルモンの分泌が最も活発化します。いわゆるゴールデンタイムですね。ちなみに、3時間後は90分周期のレム睡眠とノンレム睡眠を1ターム経過した時間です。どのように睡眠の質を上げるかについては、次章にて詳しく解説します。

22時からのゴールデンタイム説は嘘だった?

よく言われる22時から翌日2時は肌のゴールデンタイムという説。実は、この説の科学的根拠はまだ見つかっていません。そのため、美肌になるには22時までに寝ることが大事です、との身も蓋もない話にがっかりすることは無いです。仕事や育児に忙しい女性が22時までに眠るのは簡単ではありませんからね。

2.美肌を目指すために重要な睡眠の質を上げる方法

睡眠の質を上げるには、以下の方法を行いましょう。

(1)自律神経を安定させる

まず重要なのが自律神経の安定です。自律神経が乱れると入眠が悪くなります。自律神経を安定させる定番は、アロマ、瞑想、ヨガです。ヨガはアプリが出ているので、聞き流しているだけでもリラックス効果が得られます。アロマは、寝室に置くのがベストです。

その他の方法では、お風呂の温度を下げる、あるいは最後に冷たいシャワー浴びてからお風呂を上げるのがおすすめです。お風呂の温度は、41度以下にしましょう。42度以上は交感神経が高まり眠りにくくなります。思い切って38度くらいのぬるま湯に長時間浸かるのもおすすめですよ。

なお、寝る前に歯磨きをしている方は注意して下さい。歯茎を刺激すると自律神経が乱れます。歯磨きは就寝1時間前に済ませておきましょう。

(2)起床時間を固定する

睡眠の質を上げるには、就寝時間ではなく起床時間を固定することが重要です。規則正しい生活を心がけるのが大事ですが、仕事などで難しい場合でも、起床時間を合わせましょう。休日でも2時間以上はずらさないことを意識して下さい。起床時間を固定化すると、体内時計がリセットされます。

朝目覚めたら光を浴びるのも大事です。体内時計が整うと、睡眠サイクルも整います。もし、日中眠たくなったら15分程度の仮眠を取って調整してください。起床時間を遅らせると翌日以降の睡眠サイクルがズレてしまいます。

(3)就寝直前に食事を取らない

就寝前に食事を取ると、消化にエネルギーを使ってしまうため寝ていても体が働き続けることになります。その結果、睡眠の質が著しく低下します。もちろん、美容にも悪いです。食事は修身から3時間前までに済ませましょう。どうしても夜食を食べたい場合は、消化の早い食べ物だけにして下さい。

なお、翌日の朝食は糖質をとって構いません。朝は、米類などエネルギーを優先させた方が結果として肌に良いです。朝から糖質制限すると体内に脂質が多くなり、かえって肌荒れします。

3.まとめ

いかがでしたか?

この記事では、美肌と睡眠の関係について詳しく解説してきました。美肌に大事なのは睡眠時間と言われていますが、本当に大切なのは睡眠の質です。睡眠の質さえ上がれば、睡眠不足でも肌を綺麗にすることはできますよ。

睡眠の質は、毎日の基本的な生活で徐々に向上させて下さい。一長一短では改善しませんが、継続すれば確実に美肌に近づいていきますよ。

RELATED POST