美容サプリ

頬のこけを改善する3つの方法

頬のこけを改善

どんなに美形の顔立ちでも、頬がこけていると不健康に見えますよね。また、精神的に疲れているのでは?と心配されたり、印象が暗くてあまりモテなかったりと良いことはありません・・。ほどよくこけていたらカッコいいのですが、やはり実年齢より老けて見られます。

この記事では、頬のこけを改善する方法を解説。頬をふっくらさせるために必要なことをまとめました。ぜひ、参考にしてくださいね。

1.そもそもどうして頬はこける原因とは?

頬がこける原因は人によって違います。主な原因は以下のとおりです。

  • 遺伝・生まれつきの体質
  • 急激なダイエットによる栄養不足
  • かみ合わせのズレ

まず、頬がこけるような原因が思い当たらない方は遺伝の可能性があります。親の体質を受け継いで頬がこけています。遺伝以外で考えられるのは、急激なダイエットです。ダイエット自体は問題ありませんが、カロリーを気にして糖質を制限しすぎると頬がこけてきます。

タンパク質が足りない場合は、頬のハリ感や髪の毛の艶も失うので要注意です。その他の原因として多いのが、かみ合わせが悪いことで頬がこけるパターンです。虫歯や抜歯、あるいはかみ合わせの癖で片方だけで噛むことを繰り返すと、上顎と下顎がずれてきます。かみ合わせのズレを放置すると顔の骨格が変わってしまうので気をつけたいところです。

2.今すぐ頬のこけを改善する方法

頬のこけを改善して肌をふっくらさせるには、以下の方法がおすすめです。

  • 表情筋トレーニング
  • コラーゲンの摂取
  • 顎のズレを矯正

それぞれ詳しく見ていきましょう。

(1)表情筋トレーニング

表情筋とは、顔の周りを覆う筋肉のことです。表情筋が衰えると、顔の脂肪が重力に逆らえなくなり、しわやたるみの原因となります。顔全体を覆う表情筋ですが、頬のこけを解消するなら、全体を鍛える必要はありません。鍛えたい部位は口の周りです。口の周りの筋力を強化すれば、頬に弾力が出てこけが改善されていきます。

口の周りの表情筋を鍛える手順

  1. 口を閉じた状態で軽く微笑む
  2. 口を横に伸ばすイメージで広げる
  3. 口角を上向きに上げる
  4. 15〜20秒キープする

以上です。この動作を1日3回以上繰り返せば徐々に効果が出てきます。どこでもトレーニングできますし、数分で終わるので簡単です。夜寝る前やトイレに入ったときなど時間を決めて行うと継続しやすいですよ。

その他、普段からややオーバーに感情表現することを心がけると、自然に表情筋を鍛えられます。口を大きく開けたり、笑ったりする機会が少ない方は意識してみましょう。

(2)コラーゲンの摂取

コラーゲンは頬のこけと密接に関係しています。皮膚の奥に形成されるコラーゲンは、肌のハリ感・弾力を作ります。コラーゲン配合の化粧品は多く発売されていますが、加齢に伴い失われるコラーゲン量は、体内からも摂取したいところです。コラーゲンを多く含む食材は、豚肉、手羽先、フカヒレなどが有名です。詳しくは、「頬をふっくらさせる食べ物まとめ」の記事を参考にしてください。

もし、食材からコラーゲンを取るのが難しい場合は、サプリメントがおすすめです。コラーゲンサプリなら調理の必要もないですし、十分な栄養素を効率よく吸収できます。詳しくは、「効果で選ぶ!コラーゲンサプリランキング」の記事を参考にしてくださいね。

(3)顎のズレを矯正

顎のズレを本格的に矯正するなら口腔外科に診てもらうのが一番です。顎の矯正ができるか事前の確認が必要ですが歯医者で診てもらえる場合もあります。自分で何とか顎のズレを直したい場合は、以下のことを普段から意識してみましょう。

  • 頬杖をつかない
  • 片側だけで食べ物を噛まない
  • 歯ぎしりする場合はマウスピースをはめる

自分でできることは限られていますが、上記のことに気をつけるだけでも顎のズレは少しずつ良くなっていきます。かみ合わせを良くするために、ガムを噛むのもいいでしょう。食事の際に歯の右側だけで噛んでいた方は、左側でガムを噛んでみてくださいね。

3.まとめ

いかがでしたか?

この記事では、頬のこけを改善する方法について詳しく解説してきました。頬がこける原因は様々です。健康的な人でも遺伝により頬がこける場合もあります。頬のこけを改善するなら、表情筋のトレーニング、コラーゲンの摂取、顎ずれの矯正が効果的です。

どの方法を選ぶかは、頬こけの原因によって変わります。まずは、手軽にできる表情筋のトレーニングとコラーゲンの摂取からはじめてみるといいですよ。

RELATED POST