セルライト

セルライトとは?原因から4つの種類まで全解説

セルライトとは

気が付いたらセルライトで皮膚がデコボコに・・・。

女性なら誰もが悩むセルライト。できれば、見て見ぬふりをしたい脂肪の塊です。この記事では、セルライトの正体を詳しく解説。セルライトの原因や種類についてまとめています。ぜひ、参考にしてくださいね。

1.セルライトとは?

セルライトは真皮下層部の脂肪と老廃物の固まりが大きくなって形成されます。体内の過剰な脂肪と溜まっている老廃物が付着すると、さらに症状が酷くなり皮膚表面がデコボコ状態となります。セルライトができる原因は様々です。例えば、食生活。偏った食生活で過剰に糖質や脂肪を摂取するとセルライトができやすくなります。

特に塩分を摂り過ぎると、むくみを生じ老廃物が溜まりやすくなります。また、運動不足もセルライトの大敵です。運動不足だと代謝機能が下がり、体内の脂肪が燃焼されず残ったままになります。さらに、運動不足は血行不良とリンパの滞りを引き起こし老廃物が溜まります。

睡眠不足も重なると、自律神経のバランスとホルモンバランスが乱れて、代謝機能が低下します。代謝機能の低下は脂肪の燃焼を妨げるためセルライトが解消されなくなります。

2.セルライトの種類

セルライトは4つの種類に分けられます。セルライトの型を把握すると、効果的な対策方法を選ぶことができます。

(1)脂肪型セルライト

脂肪型セルライトは最も多いセルライトのタイプです。名前通り脂肪が溜まってできたセルライトとなります。他の型と比べると運動やマッサージで落としやすいのが特徴です。

(2)繊維化型セルライト

脂肪型セルライトを生じて時間が経過すると脂肪同士が付着していき肥大。繊維化型セルライトになります。肥大した脂肪は硬くなるため、脂肪型セルライトと比べて落ちにくいです。

(3)むくみ型セルライト

むくみ型セルライトは冷え性や塩分の摂り過ぎによってできるむくみが原因です。むくみで老廃物が溜まると脂肪に付着します。この型はむくみを解消するとセルライトを落とせます。

(4)筋肉質型セルライト

筋肉質型セルライトは、運動をやめることで筋肉が脂肪に変化したセルライトです。この型はセルライトが硬いので、軽い運動やマッサージで落とすのは難しいです。

3.セルライトを消すには?

なかなか消えないセルライト。どのように改善すればいいのでしょうか。

3-1.セルライトに効くマッサージ

セルライトをマッサージで落とすには、潰して流すリンパマッサージを行います。まずは、セルライトの箇所をゆっくり揉み上げ、揉みほぐししましょう。注意点として、マッサージは強い力で行わないようにしましょう。力強くマッサージを行うと、肌に負担が掛かります。クリームやオイルを使って肌を滑らかな状態にしておくと、揉みほぐしやすいですよ。

次に、手のひらでリンパの流れに沿って優しくさすります。ふくらはぎや太ももの場合は下(足首)から上(足の付け根)に向かってさすります。二の腕の場合は指先から脇に向かうようにさすりましょう。さするときも、力を入れすぎると、毛細血管が傷ついてしまうので気をつけてください。

マッサージを効果的に行うには、入浴時か入浴後の身体が温まっている状態がおすすめです。血行が良くなっているため、脂肪や老廃物が排出されやすいです。

3-2.セルライトに効くトレーニング

トレーニングを行うと代謝機能が上がり、セルライトが落ちやすくなります。また、一度落ちたセルライトが付きにくくなるのもトレーニングのメリットです。まず取り入れたいのが、太もものトレーニングです。やり方は皆さんご存知のスクワットです。過酷なイメージがあるスクワットですが、回数は少なくてOKです。

スクワット中は、太ももの筋肉に意識を集中させましょう。これだけでトレーニング効果が上がります。スクワットはゆっくり行うのがコツです。1セット10回を1日に2回取り入れます。普段使っていない太ももの筋肉を使うことで、セルライトの除去が期待できます。

次に二の腕のトレーニングもやってみましょう。やり方は、まず床に座ります。そして、両手を後ろについてから、体の状態をゆっくり倒します。倒しきったらその状態で5秒間キープ。ゆっくり元も位置まで戻します。この動きを1日1セットでいいので10回行いましょう。余裕がある方は、ウォーキングとストレッチも取り入れると完璧です。

3-3.その他のセルライト解消法

青汁

以外に感じるかもしれませんが、青汁はセルライト解消に効きます。特に、むくみ型のセルライトには効果てきめんです。青汁選びで重要なのが、成分に明日葉が含まれていることです。ケール葉よりも明日葉を主成分とした青汁の方が、セルライトには効果的です。

明日葉に含まれるカリウムが余分な水分を排出して、むくみを改善してくれます。セルライトだけでなく、便秘で悩んでいる方も青汁はおすすめです。

美容整形(脂肪溶解注射・脂肪吸引)

最後の手段として、美容整形があります。施術内容は、脂肪溶解注射か脂肪吸引です。費用は1か所の治療で20万が目安です。費用がかかるだけでなく注射が痛いのもデメリットです。成功確率はおよそ80%。確実に効果が出るとは言い切れませんが、高確率でセルライトを綺麗に除去できます。

肉体的、経済的な苦痛に耐える覚悟があるなら、施術を行うのも一つの手です。

EMS型ダイエット器具

EMSの電気信号は、手で与えることのできない振動で脂肪の塊を刺激できます。脂肪に直接刺激を与えれば、セルライトは徐々に破壊されますよ。少し痛いくらいのEMS振動を送れば、より早く効果を実感できます。EMS型ダイエット器具の使用は、他の2つに比べて最もおすすめできます。

青汁が約立つのはむくみ型のみ。効果を実感するスピードも遅く、最低4か月以上はかかります。また、脂肪吸引や脂肪溶解注射も体の負担を考えれば避けたいものです。すべてを総合して考えると、EMS型のダイエット器具を使用することが、最も合理的な手段となります。

あわせて読みたい
セルライト マシン
【体験談】実際にセルライトを除去できたマシンを公開この記事では、筆者がこれまでセルライトを除去するために使ってきた、様々なマシンをご紹介します。セルライトが除去できたマシンもあれば、全然...

4.まとめ

いかがでしたか?

この記事では、セルライトとは何か?詳しい原因や種類について解説してきました。セルライトを落とすにはマッサージが王道です。また、地道なトレーニングも効果があります。その他の手段としては、青汁やEMS型ダイエット器具の利用が効果的です。簡単には除去できないセルライトですが、根気よく取り組めば必ず改善することができます。

セルライトの原因・種類について理解したら、本格的な改善に向けて行動を起こしていきましょう。

RELATED POST