セルライト

自宅でできる!セルライトを除去するおすすめグッズ

セルライト グッズ

セルライトは本当に嫌になりますよね。セルライトを気にしない女性は聞いたことがありません。やっかいなセルライトですが、わざわざエステやジムに通わなくても自宅で簡単に除去すること可能です。いわゆる便利なセルライト除去グッズがあるのです。

ただ、効果がないグッズが蔓延しているのも事実。種類が多すぎて、どれを使えばいいのか選ぶのも難しいです。そこで、この記事では効果が高いセルライト除去グッズを厳選してご紹介。30種以上の商品を比較して、最終的にセルライトを除去できるグッズに絞っています。ぜひ、参考にして下さいね。

1.セルライトを除去するおすすめグッズ

(1)ボニックプロ

ボニックプロ

ボニックプロはRF・キャビテーション・EMSの機能があります。RF機能ではラジオ波でセルライトを温めて脂肪を分解しやすくします。ラジオ波の発熱で過剰な脂肪を溶かします。また、血行が良くなりリンパが流れやすくなるため、老廃物が滞らなくなるのもメリット。

その後、キャビテーションとEMS機能で振動を与えてセルライトにこびりついた脂肪を破壊していきます。キャビテーションは細胞内の余分な脂肪細胞を壊して脂肪を溶かします。脂肪細胞に振動を与えると、脂肪細胞の周りに圧力差で真空の気泡が発生。その気泡が徐々に大きくなり脂肪が壊れる仕組みです。

キャビテーションの後は脂肪が破壊されやすくなっているため、マッサージも併用するとセルライトをさらに早く除去できます。使い方はHOTモードとSHAPEモードを選択するだけ。RFとキャビテーションを組み合わせたHOTモードでは肌を温めて脂肪を燃焼しやすい状態に。

キャビテーションとEMSを組み合わせたSHAPEモードでは温まった肌にEMSでセルライトに刺激を与えます。出力レベルは3段階から選ぶことができます。EMSのピリピリ感は軽減されているため痛くありません。専用ジェルにはスペルトニールやグラウシンなど引き締め効果がある成分を配合。効率良くセルライトを除去できます。

手の小さいでもフィットする持ちやすさで、水洗いのお手入れもできます。

(2)ボディカル

ボディカル

ボディカルは4つのローラーで凝り固まったセルライトをEMS機能で揉みほぐし(3Dひねり出し)てくれます。ローラータイプでEMS機能が付いているダイエット器具は見たことがありません。独自のS.Gローラーは、セルライトの表面だけでなく深層筋にも作用します。

太もものセルライトはもちろん、贅肉がひどい人はローラーで鷲掴みにできるため、通常のEMS器具より効果が出やすいです。ローラーがマッサージの役割も果たしてくれます。サイズは手のひらにすっぽりと収まる感じ。重さも226gとかなり軽いです。充電式なので、乾電池は不要です。

使い方は5分間ゆっくりと太ももの内側と外側を往復するだけ。レベルは5まで調整可能です。付属のボディカルローションは、オイルフリーで、プラセンタや水溶性コラーゲン、引き締め成分が配合されています。

セルライトのデコボコ部分を触ると熱を感じる方は、EMSが強力なボディカルが向いています。短期でセルライトを除去したい方もおすすめですよ。効果を感じなければ、30日間の全額返金保証が可能です。

(3)シックスパッド

シックスパッド

シックスパッドはパッドタイプ(腕、脚、ウエスト)のEMSトレーニング機器です。新陳代謝を上げて体内に溜まった脂肪を燃焼させるため、ダイエット効果があります。EMSの周波数は20Hz(筋肉が最も収縮する周波数)に固定。EMS特有のビリビリとした痛みはありません。

使い方はセルライトの部分にシックスパッドを貼ってスイッチをONにするだけ。自動のトレーニングモードで1日23分使用します。5分間のトレーニングと30秒の休憩を繰り返しながら筋肉を鍛えます。使用中はEMSの電気刺激で反射的に筋肉が動きます。両手が空くので家事を行いながら腹筋を鍛えることも可能です。

シックスパッドの効果をよりあげたいなら、ウォーキングや犬の散歩、通勤中に使用するのがおすすめです。

その他のおすすめ

トライポーラポーズ

ネットの口コミだけでブレイクしたトライポーラポーズ。もともとは、海外のセレブ向けに開発された商品で、高級感は圧倒的です。クロワッサン、グラマラス、美人百花、GLAMOROUSでも取り上げられました。

トライポーラポーズは痩身エステでも使われるRF(ラジオ波)でセルライトを除去します。ラジオ波は1秒間に100万回の摩擦振動で脂肪の塊を破壊。発熱効果もあるため、血行促進につながりセルライトが出来にくい体に。種類はボディ用のPOSEとフェイシャル用のSTOPがあります。セルライトを除去するならPOSEを選びましょう。

ボニック

ボニックは超音波とEMSのW機能が使えます。ケア時間は最短で5分。家庭用EMSマシンの知名度を一気に上げた商品としても有名です。筋力を付けるアプローチでセルライトの除去と同時に脚痩せを目指せるのが特徴的。モデルの愛用者も多いです。使い方は、セルライトが気になる箇所にジェルを塗って当てるだけ。

高機能なわりに価格も2万円以下と安価です。防水性なのでお風呂でも使用できます。コンパクトなので置き場所にも困りませんよ。太ももはもちろん、お尻やお腹のセルライトも使用可能。30日間の全額返金保証も付いています。

アセチノセルビー

アセチノセルビーは気になる脂肪を揉み出しケアする3D美容ローラーです。エステティシャンのハンドテクニックを再現しています。高回転で回る3Dローラーで気になるセルライトを揉み込み(速度調節可能)。1部分5分のケア、全身に使っても30分以内の使用時間です。疲れた体をほぐすマッサージ効果もあり。コードレスなので場所を選びません。

フェイス用アタッチメントが付属しているので、リフトアップ効果を狙ってフェイスケアもできます。専用ジェルの塗布など面倒な下準備は不要。重量はわずか250gなので腕が疲れません。もちろん個人差がありますが、2週間で太ももが3cmマイナスになったとの口コミも。

2.セルライトを除去するために

2-1.セルライトの原因とは

セルライトは、皮下組織の脂肪細胞が肥大化することで形成されます。脂肪細胞が肥大化すると、細胞間の毛細血管が圧迫されて老廃物が溜まりやすくなります。こうして溜まった老廃物も脂肪細胞に付着してセルライトとなるのです。セルライトは太もも、お尻、お腹、二の腕にできやすいです。特に、太ももの裏側にセルライトができます。

マッサージで末期のセルライトは除去できない

セルライトは普通の脂肪とは違い、ダメージを受けた脂肪の塊です。通常の脂肪と異なる点は、食事制限や運動を行ってもほとんど除去できないこと。セルライトの除去といえば、ハンドマッサージによるリンパケアが有名ですが、セルライトに溜まった脂肪組織はなかなか落ちてくれません。

セルライトの初期症状である、むくみや冷えの状態ならセルフマッサージだけでケアは可能です。しかし、オレンジピールスキンと呼ばれる皮膚がデコボコの状態であれば、マッサージだけの施術でセルライトを除去するのは至難の業でしょう。最新テクノロジーを駆使したセルライトの除去グッズを助けに使うことが望ましいです。

2-2.セルライトを除去するグッズ選びのポイント

(1)手間をかけずにセルライトをケアできる

セルライトの除去は時間がかかります。使い方が難しい、あるいは面倒だと継続して使う気が起きませんよね。そのため、簡単なボタンで操作できるタイプがおすすめです。

(2)激しい痛みはNG

セルライトを除去するグッズは使用中に痛みを生じる商品もあります。近年はEMSの電気刺激を和らげる技術が発達してきているので、痛みを我慢する必要がありません。出力は強力でも痛みを軽減した機器を選ぶといいでしょう。

(3)発熱機能がある

セルライトを除去するには、まず肌を温めます。すると、セルライトが分解しやすくなるのです。熱を加えられるRFなどの機能を持った商品がおすすめです。

2-3.たまにスクワットも併用しよう

太もものセルライトにはスクワットが効果的です。スクワットで太ももに負荷をかけることで、脂肪燃焼と血行促進を狙います。

正しいスクワットの方法

  1. 脚を肩幅より若干広く開きつま先を前に向ける
  2. 背筋を真っ直ぐに保ち腰をゆっくり下げる
  3. 太ももと床が平行になるまで腰を下げたら、姿勢を崩さないようにゆっくり腰を上げる

これで1セット。1日10セットを続ければ大きな効果を得られます。注意点として腰の上げ下げを行う際は、背中が丸まった状態にならないようにしましょう。太ももと床が平行になるまで腰を下げる際には、膝がつま先から前に出ないように気を付けます。スクワット中は息を止めずに行いましょう。

3.まとめ

セルライトは痩身エステに通わなくても除去することができます。サプリメントやハンドマッサージの手段もありますが、効果を感じるのは気が遠くなるほど先です。しかし、セルライトに直接刺激を与えるグッズを使えば、効果を実感できるスピードも早まります。

この記事では、確かな実績と豊富な口コミを元に信頼できるセルライト除去グッズをご紹介してきました。自宅でセルライトをケアしたい方は、ぜひ活用することをおすすめします。

RELATED POST